百人百色(Bek In Bek Sek)

アクセスカウンタ

zoom RSS ぼうぜんしているある日 − 詩、ナラ ナビ 作品13番

<<   作成日時 : 2010/09/17 17:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ナラの友達 百済の友達 国の友達
 
 13. ぼうぜんしているある日

寒い冬に
似合う服がなくて
ただぶるぶる震えた記憶がある。
それでも貧しい心に
照らした日ざしは暖かかったが …

いつか雪合戦をした幼い子供の
思わず投げた雪の包みに
鮮かな鼻血の赤い光が
どうしてこのように涙が出るようにするのだろう。

私の青春はどこに行って来たのか
私が住む所を憶えることができない。
何やら数えきれなくぶつかるのに
私は何も感じることができない。
ぶつかって落ちて行った所を見て
私は私が誰なのか疑って
とんとんはたいて見れば部品の破片がさらさら落ちる。
私の目もとには涙がたまるのに
私は新しい部品を買いに行かなければならない。

詩 − ナラ ナビ

◇◇No.1旅行口コミ・ランキングサイト「トリップアドバイザー」(◎v◎)◇◇
世界で最も信頼されるサイトで、世界中のホテルや観光スポットをチェック!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ぼうぜんしているある日 − 詩、ナラ ナビ 作品13番 百人百色(Bek In Bek Sek)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる